about us |events |members login |join us |links


シーグラフ東京からのお知らせ 「シーグラフ東京 第75回セミナー」

「物理ベースレンダリングと外見モデリングの最新動向」
 Wenzel Jakob 氏ご講演会

SIGGRAPH 2014 にて、
Rendering Glints on High-Resolution Normal-Mapped Specular Surfaces
A Comprehensive Framework for Rendering Layered Materials
の 2本の論文発表を行われた Mitsuba Render の Wenzel Jakob 氏のご講演です。
( http://www.mitsuba-renderer.org/~wenzel/ )

ご講演内容、発表資料等は、日本(日本語)の参加者に配慮したものですが、
基本英語での発表を予定しています。通訳のご用意はありません。



主催   TOKYO ACM SIGGRAPH (シーグラフ東京)

開催日  2014年9月11日(木曜日) 19:00 - 21:00

場所   株式会社エクサ 13階会議室
      神奈川県川崎市幸区堀川町580番 ソリッドスクエア東館13階
      (最寄駅:JR川崎駅徒歩5分。京急川崎駅徒歩3分)

当日連絡先 TEL 044-540-2153

地図    http://www.exa-corp.co.jp/company/place/hq.html


概要:
コンピュータで生成するグラフィックスの利用の広がりは, 日増しに増え続けるリアルさの要求を満たすように画像をどう生成するか, という難解なチャレンジによってもたらされています. いろいろな安価な計算方法のおかげで, 精密な物理ベースのモデリングアプローチが普通になりました. そこではレンダリングされるシーンの光と材質の相互作用の正確なシミュレーション方法に大きな注目向けられています. このような動向の中で, 私の研究は, 幅広いタイプの材質の外見を表現できる, リアルなシェーディングモデルと新しいレンダリングアルゴリズムという二つの大きな領域に注力しています.

本トークは二部で構成されています. まず, 近年の材質の外見モデリングの研究成果をお見せします. 最初に, 細かいスケールの粗さや反射フレークを含んだ物質面上の光沢や輝きの効果をシミュレーションするのに利用できる反射モデルを解説します. 次に, 多重の内部散乱を考慮した任意のレイヤーを持つ材質の正確な BRDF を計算する, 新しい効率的な手法について話します.

本トークの次の部では, 光輸送の経路空間理論(path space theory)の概要を解説します. これはいくつかのモダンな光輸送手法の基礎となるものです.この理論に基づいた手法は, 深い階層(a deep level)における光の物理的なふるまいを推論し, 画像に寄与する光の経路の集合を効率的に探索することができます. メトロポリス光輸送(Metropolis Light Transport)と Manifold Exploration などのアルゴリズムの, 理論とユニークな一面を解説します.

TITLE: Recent advances in physically based rendering and appearance modeling

Abstract: The pervasive use of computer-generated graphics in our society has brought about profound changes in how images are created to satisfy the increasing demands on their realism. Enabled by the wide availability of cheap computation, a rigorous physics-based modeling approach has become prevalent, in which significant attention is devoted to an accurate simulation of the interactions between light and the materials in the rendered scene. My research concentrates on two major aspect of this transition: the development of realistic shading models and novel rendering algorithms that can scale to a wide range of material appearances.

I will begin the talk by giving an overview of recent work on material appearance modeling. First, I will present a reflectance model that can be used to simulate glitter/sparkle effects on surfaces with fine-scale roughness or containing reflecting flakes. Next, I will discuss a new efficient method for computing accurate BRDFs of arbitrarily layered materials, while accounting for multiple internal scattering.

In the second part of the talk, I will give an overview of the path space theory of light transport, which is the foundation of several modern light transport methods. These approaches reason about the physical behavior of light to more efficiently explore the set of light paths which contribute to an image. I will outline the underlying principle and unique aspects of two such algorithms, including Metropolis Light Transport and Manifold Exploration.

The talk will be partly given in Japanese and English.



以上。シーグラフ東京の入会申し込み、お問い合わせ等は、シーグラフ東京事務局までお願いいたします。
http://www.sig-tokyo.org/php/contact.php


■シーグラフ東京のご説明

    シーグラフ東京は、ACM/SIGGRAPHのオフィシャルな地域活動団体として、97年春に設立されました。シーグラフ東京は、
    ボランティアによって運営されている非営利団体(任意団体)です。現在会員向けに、1年に4回以上イベントや、
    機関紙の発行、独自Webの運営等を実施しています。
    今後ともシーグラフ東京をよろしくお願いいたします。

■ボランティアスタッフ募集

    シーグラフ東京 Web Site の制作補助をやっていただけるボランティアを募集しております。会員の皆様のために時間と労働力を御提供いただける方、是非御応募をお願いいたします。
    ボランティアスタッフに関するお問い合わせは下記まで、よろしくお願いします。


お問い合わせ先 シーグラフ東京事務局宛

( 20 / Aug / 2014 Last UPDATE )